ぽっこりお腹に効果的なダイエット運動とは??

ぽっこりお腹
ダイエットをしている時に、なかなかお腹だけが痩せられずぽっこりお腹になっているという人は多くいます。

 

もともとお腹は臓器が入っているため、それを守るために脂肪はつきやすい部分になります。

 

しかし、脂肪だけが原因ではなく様々な要因によってぽっこりお腹になっていることが考えられます。

 

原因としては、女性に多いお尻が突き出ている反り腰、姿勢の悪さによって骨盤がゆがんでいる、猫背、筋力の低下、便秘などが挙げられます。

 

このような要因を改善するためには、反り腰や姿勢の悪さなどを改善する運動を取り入れていくことが大切です。

 

運動のやり方としては、

  1. まず膝を曲げて仰向けに寝て、お腹に力を入れて息を吸って吐くを繰り返します。
  2. 次に寝転んだまま、足と膝を90度に曲げた状態で足を上げます。
  3. そこから、背骨を一つずつ床から離していくようにゆっくりと体を持ち上げて腹筋を意識しながら10秒キープしてゆっくり元に戻ります。内臓を引き上げるのを意識する運動も効果的です。
  4. うつ伏せになったら両手を肩幅より少し広めに広げて肩甲骨を下げるようにして上半身を上げていき、ますお腹の上部が伸びるような意識でゆっくり背中を反らしていきます。
  5. これも10秒キープしてゆっくり元に戻って完了です。

 

 

骨盤の歪みや猫背にはヨガが効果的です。

ヨガ
両手を揃えて立ったら、息を吸いながら両腕で耳を挟んで腕を伸ばして両手のひらを頭の上で合わせます。
息を吐きながら上半身を右に倒して5回深呼吸し、息を吸いながら体を戻して反対も行う三日月のポーズなどが良いとされています。